学術出版クラウドファンディングプロジェクト


「研究成果を書籍として出版したいけれど、そのための費用が足りない」
「専門的な分野なので、少部数しか出版できそうにない」
そんな人文科学系の研究者の悩みにお応えいたします


学術系クラウドファンディングサービス「academist」と
人文科学系研究者向けの電子出版・POD出版サービス「アスパラ」が
学術出版の費用獲得から編集、出版、プロモーションまでをトータルでサポート



今すぐはじめる

「academist」で出版資金を獲得

日本の学術業界は昨今、国立大学への運営費交付金の減少や「選択と集中」の取り組みなどによって、基礎研究へ予算がつきにくいという課題を抱えています。

こうした状況のなか、academistでは研究費をはじめ学術の発展に貢献しうる取り組みへの資金をクラウドファンディングによって獲得できるサービスを展開しています。学術出版にかかる費用を集めることも可能です。

academistのサイト

「アスパラ」で少部数から電子&POD出版

これまでの出版では「多品種・少量生産」を実現できていないため、専門的になればなるほど情報を世に出しにくいという課題がありました。

しかし近年、オンデマンド印刷・製本や電子出版などによって、その状況は変化してきました。アスパラを利用すれば、「多品種・少量生産」で専門書をニーズに合わせて届けることが可能です。

ASPARA BOOKSのサイト



学術出版クラウドファンディングの流れ

STEP

1

academistに連絡・メール審査

まずはacademistにご連絡ください。担当スタッフより2営業日内に折り返しご連絡いたします。その後、担当スタッフからいくつかメールにてご質問をさせていただくメール審査を行います。このメール審査を通過されたかたは、academistスタッフとの個別面談に進んでいただきます。

STEP

2

個別面談

個別面談では、主にクラウドファンディングページへの掲載審査を行います。掲載可の場合、プロジェクトページに記載する内容(ページのストーリーやリターン内容、目標金額、今後の予定など)を決定します。また、プロジェクト制作に着手する前に、アスパラと出版契約書の締結を行います。

STEP

3

プロジェクトページの制作

クラウドファンディングのプロジェクトページを制作します。コンテンツ制作はacademistのスタッフが全面的にサポートいたしますのでご安心ください。

STEP

4

academistでクラウドファンディングに挑戦(1-2ヶ月程度)

クラウドファンディングに挑戦します。academistでは、all or nothingの仕組みを採用しています。設定した目標金額に期間内に達した場合にはプロジェクト成功となり資金を獲得することができますが、達しなかった場合にはプロジェクト失敗となり資金の移動は一切行われません。

STEP

5

アスパラを利用したPOD&電子出版

academistのクラウドファンディングで資金獲得に成功した場合、アスパラのサービスへと移行していただきます。アスパラは、編集制作・印刷製本・流通業務を負担します。WordまたはTextのデジタルデータを入稿後、アスパラの担当者が編集・校正を行った後、注文に応じて本を作るオンデマンド印刷・製本(POD)および電子書籍での出版を行います。多くの部数が見込めない専門分野の書籍、改訂が多く普通の出版社では出しにくいもの、書きためた研究成果、まとめたい論文など、著者とアスパラとの新しい仕組みの共同事業として出版をしていきます。

STEP

1

academistに連絡・メール審査

まずはacademistにご連絡ください。担当スタッフより2営業日内に折り返しご連絡いたします。その後、担当スタッフからいくつかメールにてご質問をさせていただくメール審査を行います。このメール審査を通過されたかたは、academistスタッフとの個別面談に進んでいただきます。

学術出版クラウドファンディングの特徴

出版資金獲得

アスパラによって少額でも自費出版が可能となりましたが、それでも資金が足りないという研究者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。本サービスでは、出版資金獲得から出版までをトータルでサポートいたします。

サポート体制の充実

一般的なクラウドファンディングサイトでは、コンテンツ制作からリターンの考案・発送までをすべて利用者が担当しますが、academistでは「研究者の負担は最小限に」をモットーとしたサポート体制をとっています。

販促・広報効果

クラウドファンディングは、資金獲得だけではなく、販促・広報宣伝にも役に立ちます。事前に販売が見込める大まかな部数を把握することも可能です。長期的に研究を支援してくださるファンも出てくるかもしれません。

FAQ

Q
だれでも応募できるのでしょうか?
A
大学/研究機関に所属する人文・社会科学系の研究者(大学院生含む)であれば、どなたでもご応募いただけます。複合領域を専門とされるかたは、個別にご相談ください。
Q
学術出版クラウドファンディングの審査基準を教えてください。
A
これまで書きためた原稿をお持ちの方限定となります。これから執筆を開始されるかたはお断りさせていただくことがありますので、あらかじめご了承ください。
Q
だれでも応募できるのでしょうか?
A
大学/研究機関に所属する人文・社会科学系の研究者(大学院生含む)であれば、どなたでもご応募いただけます。複合領域を専門とされるかたは、個別にご相談ください。